資格を取って就職・転職に役立てよう!

就職・転職調剤薬局事務

「病院で処方箋をもらい、病院近くの薬局で薬をもらう」。
最近、定着しつつあるこの院外処方。

一昔前までは、「病院の中で診察、薬をもらう」ということが当たり前でした。

「調剤薬局事務」はこの院外処方の薬局で働く仕事です。

調剤薬局の顔でもある調剤薬局事務の仕事内容には、以下のようなものがあります。

●処方箋を持ってきた患者の最初の対応
処方箋を持ってきた患者の受付業務を行います。

●患者に説明
薬剤師から渡された薬の説明を患者にします。

●薬代の受け取り
患者の会計業務を行います。

調剤薬局事務は病院での医療事務や、介護施設の介護事務など、同じ保険料の計算などたずさわる職業にも、自分のがんばり次第で、就くことができるので、就職の幅が広がるというメリットがあります。
■この資格があれば
調剤薬局事務の仕事は、必ず資格がいるとは限りませんが、ある人とない人では、業務上、ある人の方を優先的にとってもらえるので、就職・転職にはかなり有利な資格です。