資格を取って就職・転職に役立てよう!

就職・転職介護事務

介護保険が始まったのが2004年4月。

国内の介護サービスにかかる費用は、1割が本人負担、あとを国や地方自治体が負担という仕組みになっています。

介護事務の仕事はおおまかに言えば、国や地方自治体が負担する残りの9割りを、国に請求する仕事です。
この点は、調剤薬局事務や医療事務と似通っていますが、その他に介護事務の仕事には以下のようなものがあります。

●介護施設の事務
介護施設を利用する人の対応や、受付業務を行います。

●介護に関する書類の作成
「介護報酬の請求書」や、その他介護に関する書類の、作成を行います。

●経理関係の業務
介護施設の収入などの、経理関係の事務業務を行います。

●介護商品の管理
介護施設で使用する備品や介護用品の発注・管理を行います。
■この資格があれば
介護事務の仕事は必ず資格がいるとは限りませんが、将来、複雑になる事務業務には必ず役にたつ資格です。