資格を取って就職・転職に役立てよう!

就職・転職行政書士

行政書士とは?

行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政書士法に基づき、官公署(省庁、都道府県、市町村、警察署、保健所その他の行政機関等)に提出する書類及び権利義務・事実証明に関する書類の作成の代理等を業とする者である。
(ウィキペディアにより引用)

簡単に言えば、一般人には少し難しい専門的で公的な書類の作成などを、代わって行うのが主な行政書士の業務です。

例を挙げますと

●車庫証明手続きをしたい
●余っている土地に家を建てたい
●遊ばしている土地を駐車場にしたい
●パチンコ店を経営したい
●飲食店を始めたい
●相続の手続きをしたい
●公正証書が必要

以上のようなことをする場合に公的が書類が必要となることがあります。

この書類は自分には専門的すぎてわからない。
間違って申請してしまったら、認められるものも認められないという不安。
そんな場合、資格を持った行政書士が代理で書類を作成します。
■この資格があれば
業務範囲が広い行政書士の仕事を、生かす場所が多いのが良い点です。
独立する場合は、事務所が自宅でも可能です。