資格を取って就職・転職に役立てよう!

就職・転職面接とは?

面接時の印象で「ほぼ採用、不採用が決定する」と言われるほど、就職・転職では重要なポイントです。

面接を受ける人は、直接自分をアピールできる場ですし、面接官は書類では見えてこないコミュニケーション能力や人柄を見る場です。

面接では、いろいろな質問を受けますが、緊張せず、リラックスして自分をアピールできるよう練習を積んでおきましょう。
せっかくいいものを持っているのに緊張して、普段の自分が出せなかったらなんにもなりません。

面接で重要とされるポイントは、能力・意欲・適応性と言われています。

能力については、この会社で力となる経験や技術があるか、また、人の話を理解する力、問いに対してどういう表現で返答するかなど見られます。
面接官の質問をよく聞き、自分なりの返答をすることが重要になります。
ここで気をつけなければならないことは、面接官の質問をさえぎって答えないことです。必ず質問は最後まで聞き、見当違いな返答はさけるようにしましょう。

意欲については、「どうしてこの会社を希望した?」と面接の定番の質問の志望動機の内容や話す時の姿勢や表情や声などチェックされます。
ただ型通りの返答ではなく、ある程度具体的な内容で答えるようにしましょう。

複数の人間で共同の作業をすることの多い会社では、社員同士のコミュニケーション能力も必要とされます。
面接では適応性としてこの部分を重要視されます。
質問に答える際には面接官の目を見て話すことも、1つのポイントです。また、はっきりとした声で話すことも大切です。