資格を取って就職・転職に役立てよう!

就職・転職就職・転職で大きな採用ポイントになる資格と面接

新卒で就職する人、今の仕事が自分には向いていないまたは、給与や待遇などがあわないことから転職する人、背景は人それぞれ違います。
ですが、新たな仕事につくということに関しては、就職も転職もほぼ一緒です。

就職・転職する際に重要なポイントの1つとして、履歴書に書く資格があります。
新たに就く仕事で直接必要ない資格でも、持っていると持っていないでは面接官への印象も変わります。
また、国家資格など、保有していないと就けない職業もあります。

人気のある資格としては、以下のようなものがあります。
医療事務
住む場所が変わっても、病院や医院さえあれば、役に立つ高い専門性がある資格。

調剤薬局事務
業務内容は、調剤報酬請求事務など、専門性があるにしては、取得するに難しくない資格で人気があります。

行政書士
総務や法務系の仕事に役立つ国家資格です。
もう1つの採用ポイントとして面接があります。

会社に好印象を与える面接の服装や、しゃべり方などマスターすれば、就職・転職に有利になることに期待できます。